男性が一人で婚約指輪を用意する場合

日常的に身に着けることになる結婚指輪と違い、デザインを重視でき、価格も高めになることの多い婚約指輪を楽しみにしている女性は多いものです。男性が一人で用意する場合には、素敵なサプライズとなる一方、プロポーズに失敗してしまった時には大きな出費となってしまうことも考えられます。ここでは、男性が一人で婚約指輪を用意することのメリットとデメリット、注意点を説明したいと思います。

二人で一緒に婚約指輪を用意する場合

婚約指輪は高価な買い物であり、一生に一度の贈り物となりますから、彼女にも気に入ってもらえるものを選びたいですよね。その為の確実な方法と言えば、やはり彼女と二人で選ぶことです。ここでは、二人で婚約指輪を用意することのメリットとデメリット、そして注意点について説明していきます。

二人で一緒に婚約指輪を用意するメリット

プロポーズのために用意した婚約指輪が、女性側の好みのデザインではなかった・・・などの事例は少なくありません。結婚指輪のように日ごろから身に着けるものではありませんが特別な日にそっと華をそえてくれる…

二人で一緒に婚約指輪を用意するデメリット

二人で一緒に婚約指輪を用意する場合には、相談をしながら好みのデザインを選ぶことができまますが、プロポーズの際のサプライズ感が無くなるというデメリットもあります。そのため、感動的なシーンを演出したい…

二人で一緒に婚約指輪を用意する時の注意点

今は婚約指輪を二人で選ぶ傾向にあります

婚約指輪の渡し方は、カップルによって様々です。サプライズで婚約指輪を渡したい人がいれば、プロポーズをした後に二人で一緒に探したいカップルもいます。ところで婚約指輪に対する一般的なイメージは、「男性が女性に渡すもの」でしょう。しかし派遣会社で有名な大手企業が発行する結婚情報誌によれば、婚約指輪は二人で決めるというカップルが全体の約37.5%にも及ぶとのことです。因みに同じ調査で、婚約指輪の決定者は夫というカップルは約39%でした。つまり、大切な婚約指輪こそ二人で選びたいというカップルが意外と多いのです。女性からすれば指輪はアクセサリーの1つであるので、お気に入りのものを身につけたいと考える人が少なくありません。だからこそ、二人で納得のいくものを探したいと考えるのです。

一緒に婚約指輪を買うコツとは

婚約指輪を二人で選んで買うと、どうしても意見の食い違いが出てくることがあります。そこから喧嘩に発展してしまったら、せっかくの婚約指輪が台無しです。二人で一緒に婚約指輪を買うポイントは、自分達が楽しみながら商品を選ぶことにあります。ではどうやったら楽しめるかといえば、彼女の好みを面倒がらずに理解することです。彼女の好みを聞きつつ自分の意見も述べてみる、このやり取りを楽しめるようになれば婚約指輪選びは成功します。またスムーズに婚約指輪選びを進めたいならば、あらかじめお目当てのジュエリーショップに予約することをおすすめします。予約を入れておけば、婚約指輪に詳しいスタッフが対応してくれます。そして、婚約指輪に関する悩みや疑問について相談に応じてくれるので安心です。